品種/黒海道について

「黒海道」は、比較的新しい品種で、九州や四国など本土西南暖地での栽培に適する様々な改良が加えられています。
サトウキビは元々寒さに弱いため、霜の降りる地域では沖縄などで栽培されている一般的な品種を栽培し高品質な黒蜜の原材料を作ることが難しいとされていました。しかし、この「黒海道」の登場により降霜前に高品質な原材料の確保が可能となり、私たちの農場でも主力品種として栽培しています。
当店の主力商品「瀬戸内サトウキビ黒蜜」は、この品種の搾り汁のみを使用し、他には何も加えておりません。「黒海道」搾り汁100%の黒蜜です。

※写真は、成育中の「黒海道」です。8月下旬の様子。この時点でおよそ2メートル50センチほどの背丈に育っています。
上部へ戻る